岐阜工業高校同窓会

11月9日第10回関西支部総会開催されました。  


 

去る11月9日の第10回関西支部総会は、来賓者を含め全員21名で開催することができ、無事終了いたしました。

本部同窓会顧問
関東支部代表
母校校長先生
をお迎えしました。特に出席者の中で昭和11年卒業の先輩、昭和15年卒業の先輩が元気に参加を戴きました。
先輩のお二人は絵画や剣舞の趣味をもっていまも健康で活躍のご様子であり参加者一同感服している次第です。

講話では母校出身の校長先生から、「文武両道で日本一の工業高校」また1年後の「母校創立90周年にむけて」について、資料を用いてお話をいただきました。
河田様の講話『私の樺太』では、お父様は岐阜市出身、北海道開拓を経て樺太に渡る。ご本人は樺太で生まれ、14~15歳までの少年期の間樺太での厳しい生活、敗戦と抑留生活を経て岐阜市に帰還されたお話でした。その後苦労の経験談がありました。
総会の冒頭と懇親会の最後に、校歌「奈良津ヶ丘」を全員で斉唱し懇親会では出席者全員の3分間スピーチでお互いの近況等を報告し、和やかな雰囲気の中で楽しい時間を共有できたものと信じています。

<< 前のページに戻る

会報の購読申込みはこちら

岐阜工業高校同窓会

↑ PAGE TOP